今が使い時、育毛シャンプー

夏になると、身体だけではなく頭皮にも汗をかき、頭髪が蒸れやすくなります。
夏は汗や皮脂の分泌が過剰になりやすく、汗で頭皮が蒸れると、雑菌も繁殖しやすくなります。
そして、頭皮に汗をかいたまま放置すると、汗が皮脂やほこりなどと混じり合って酸化し、毛穴詰まりを起こすようになります。
特に、帽子やヘルメットをかぶる機会が多い方は、頭皮が蒸れやすくなります。

頭皮が汗で蒸れた状態で長時間放置すると、頭皮環境が悪化し、薄毛や抜け毛が進行する可能性があります。
どうしても、帽子やヘルメットを長時間かぶり続けなければならないのであれば、タオルでこまめに汗を拭き取り、時々脱いで頭皮の風通しを良くしてあげてください。
このように汗は頭皮環境悪化の原因となりますので、育毛シャンプーで汗や皮脂汚れを落として、頭皮を清潔に保つことが大切です。
育毛シャンプーは、もともと頭皮の毛穴詰まりを除去することを目的として開発されているため、毛穴に詰まった汗や皮脂をしっかり除去し、嫌な臭いも解消する働きがあります。

そして、育毛シャンプーで汚れを落としたら、手短に髪を乾かすようにしてください。
頭皮や髪を長時間濡れたままにすることは、頭皮の血行を悪くする原因となります。
また、髪が濡れた状態で、さらに汗をかいてしまうと、においのもとにもなります。
シャンプー後は、タオルで髪をはさみ、軽くたたいて水分を吸い取ります。

その後、ドライヤーを低温、強風に設定し、髪から15センチ以上離して、手短に乾燥させます。
同じ部分ばかり長時間ドライヤーを当てることは避けて、全体をまんべんなく乾かすようにしてください。
このとき、髪よりも、頭皮を乾燥させるようにしましょう。

毎日、育毛シャンプーでケアすることで、夏場の頭皮の汗やベタつきが原因の抜け毛を防ぐことができるでしょう。
夏に汗で頭皮が蒸れることで、秋に抜け毛が多くなると言われています。
しかし、日頃から頭皮を清潔に保ち、長時間蒸れたままにしないように注意することで、頭皮環境の悪化を防げます。
こちらに売れている人気の育毛シャンプーが紹介されています。

Copyright (C) 頭皮環境の改善方法 All Rights Reserved.